不動産はほとんどの方にとって一生で一番高いお買い物です。そんな高価で想いの詰まったご自宅を少しでも高く売りたいと考えるのは当たり前ですよね。この際に利用するべき売却方法はズバリ仲介売却です。大阪で仲介売却を専門にしている家法不動産が、仲介売却のポイントをご説明いたします。

少しでも高く売りたい方に仲介売却がオススメな理由

仲介売却はご自宅売却においてもっとも一般的な手法です。売主様からご依頼を受けた不動産業者は、買主様を探すために売却活動を行い、購入希望者を見つけます。売却までかかる時間は、3ヵ月~6ヵ月程度が一般的ですが、1年以上かかる場合もあります。しかし、仲介売却の一番のメリットはやはり高く売れるということです。不動産会社が直接買い取るという方法もありますが、そうすると間に業者が入ってしまうことになってしまいますので、どうしても仲介売却ほどの価格では売ることが難しくなります。売却をお急ぎでなければ仲介売却をご利用下さい。

3種類の媒介契約

媒介契約には以下の3種類があります。

➊専属専任媒介契約 

他社への依頼はできず、売主様ご自身が買主様を見つけてくることもできません。 不動産業者には1週間に1回以上の報告義務があります。

➋専任媒介契約   

他社への依頼はできませんが、売主様ご自身が買主様を見つけてくることは可能です。ただし、その場合は営業経費等を依頼先に支払う必要があります。

➌一般媒介契約   

他社への依頼もできますし、売主様ご自身で買主様を見つけてくることも可能です。

この3種類の中からお客様にお選びいただけますが、オススメは2番の専任媒介契約です。1番の専属専任媒介契約ですと、万が一ご自身で買主様を見つけられた場合でも売却できない拘束力の強い契約ですし、3番の一般媒介契約ですと、せっかく広告費をかけて宣伝活動をしても他社様が先に売却されるかもしれないので、力を入れるのが難しくなってしまいます。媒介契約の詳しい内容については、ご契約時にしっかりご説明させていただきますのでご安心下さい。