仲介手数料とは?大阪で不動産を探す時に知っておくべきこと

不動産の売買をする時や、賃貸物件を探すときに、自分で家主(オーナー)と交渉する機会は多くのケースではありません。なぜなら、不動産の売買や賃貸物件を探す時には、不動産会社が間に入って仲介をすることがほとんどだからです。そのため、仲介をする不動産会社に支払うことになるのが、俗に言う仲介手数料になります。不動産に詳しい人なら、仲介手数料と言われると、どのようなものかイメージすることができると思いますが、初めて不動産を売買したり、賃貸物件を探したりする場合は、イメージがわかない人も多いと思います。そこで、今回は、大阪で不動産の売買や賃貸を検討している方に、わかるように不動産会社の仲介手数料について考えていきます。

仲介手数料には決まったルールが存在する

仲介手数料は、不動産業者と密接に関連する「宅地建物取引業法」に規定されています。

賃貸物件の場合

賃貸物件の場合は2つのポイントがあります。

  1. 借主と貸主それぞれから受け取る仲介手数料は賃料の半月分以内とする
  2. ただし、依頼者の承諾があればどちらか一方から賃料の1ヶ月以内を受け取ることができる

ということになります。つまり、基本的には賃料の半月分以内が仲介手数料として発生することになります。ただし、上記2で書いたように依頼者が承諾した場合は、家主(オーナー)か借主のいずれかが、賃料の1ヶ月分以内の仲介手数料を支払うことができると解釈することもできます。

賃貸の仲介手数料の相場は?

賃貸物件の場合の仲介手数料の相場は、家賃の0.5ヶ月〜1ヶ月分が目安になってきます。(消費税は別途必要になるので、注意が必要です。)また、初期費用として、賃貸物件によっては、敷金や礼金なども最初に支払うことが求められますので、仲介手数料+敷金+礼金が必要になることもあります。 敷金は、退去時に部屋が綺麗な状態だった場合は、ある程度戻ってきますが、礼金は戻ってきませんのでこちらは注意しておく必要があります。また、上記、敷金・礼金以外にも鍵交換代やクリーニング代なども必要になることも多いので、どのような費用が必要になるのかは、最初に不動産会社に確認しておく必要があります。

不動産売買の場合

不動産の売買に関する仲介手数料についても、宅地建物取引業法で上限が決められています。仲介手数料の上限は

  • 200万円以下の部分・・・取引額の5%以内
  • 200万円越400万円以下の部分・・・取引額の4%以内
  • 400万円越の部分・・・取引額の3%以内

上記のように仲介手数料の上限が決まっています。ただし、上記金額には消費税は含まれていませんので注意が必要です。不動産を売買するケースでは、400万円以下の取引はあまり多くありませんので、一般的には400万円超えのケースで考えると、以下の計算式で仲介手数料を計算することができます。

計算式

仲介手数料=(売買価格×3%+6万円)×消費税率10%の計算式で、仲介手数料を計算することができます。わかりやすく、不動産売買価格が4000万円だとすれば、仲介手数料=4,000万円×3.3%+66,000円=1,386,000円となります。ここで、注意しておかなければならないことは、あくまでも仲介手数料の金額ですので、不動産登記にかかる法的な手続きの費用等は含まれておりませんので、こちらも注意が必要です。

不動産売買の仲介手数料の支払い時期は?

一般的には不動産売買の仲介手数料の支払い時期は、売買契約時に半額をまずは支払うことになります。そして、残りの半金については引き渡し時に支払うケースが多いです。あくまでも一般的な支払い時期なので、仲介手数料の支払い時期は、不動産会社に事前に確認しておくことをお勧めします。

まとめ

今回は、大阪で不動産売買や賃貸物件を探す方に向けて、仲介手数料について書いてきました。不動産会社選びは、担当してもらう人によって、サービスの質が大きく変わってきますので、しっかりと検討して決めることが大切です。家法不動産では、法務の専門家がお客様目線でしっかりと担当させて頂きますので、不動産の売買、賃貸物件探しでお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください!